積極的に弁護士を利用しよう

弁護士B型肝炎訴訟を行うためには様々な準備が必要です。該当する要因による感染であることを証明する様々な証拠を提出しなければなりません。自分で行おうとするとかなりの時間がかかってしまうでしょう。そこでB型肝炎に感染している可能性があるのであれば早めに弁護士に相談することがお勧めです。B型肝炎に関する訴訟に長けている弁護士事務所であれば、多くの場合調査費用や着手金を無料としています。国からの若い子に給付金の15%程度を報酬として受け取る弁護士事務所が多く、依頼したとしても最初から大きな費用負担がないというのが魅力です。合わせて国からも弁護士に相談するための一定額の支給がありますので、B型肝炎訴訟に伴う弁護士費用はほとんど実費で支払う必要はありません。

B型肝炎給付金の訴訟の定められた期間がありますので、なるべくスピーディーに手続きを行うと良いでしょう。弁護士事務所であれば最短期間での給付金の受け取りが可能なように、かなりの程度厳密に効率化し、様々な手続きを最もスピーディーに行えるように工夫されています。場合によっては、自分で考えていたよりもより有利な条件で和解することも可能となりますので是非弁護士を利用しましょう。

肝炎の症状とは

嘔吐B型肝炎を発症すると様々な健康被害が生まれます。まずは全身倦怠感や食欲不振、さらには嘔吐や黄疸などです。これらはすべて肝機能が急激に悪化することによって生じる症状です。多くの場合治療をしなくても安静にしていれば少しずつ快方に向かっていくものですが、定期的な検査を受け症状が重くなる前に適切な処置を行っておく必要があります。B型肝炎ウイルスに感染していたとしても一部の人は症状がないまま健康な状態で経過します。しかしながら多くの場合10代から30代にかけて肝炎を発症することがほとんどです。軽い肝炎であることから本人には全く自覚がないこともあります。そのため何らかの機会に検査をすることによって初めて発覚するということも少なくありません。

90%近くの人たちは肝炎が数年のうちに自然に治り、元通り健康な状態に戻ります。とはいえB型肝炎ウイルスが完治することはありませんので、常にウイルスを持っている状態ということになるのです。いつまた肝炎を発症するかわからない状態でもあり、現時点で自覚症状が現れてなくてもB型肝炎に関する給付金を受け取ることはできますので、自覚症状のあるなしで訴訟を考えるということはやめましょう。

B型肝炎に伴う給付金は母子感染でも受け取れるのか

注射B型肝炎とはB型肝炎ウイルスに感染することで発症する肝炎の一種です。日本においてB型肝炎に感染している人は少なくありません。なぜなら昭和23年から昭和63年までの間に集団予防接種などを受けた経験のある方は、そこで使われていた注射器が使い回されていたことによってB型肝炎に感染している可能性が非常に高くなっているのです。最大でも40数万人は患者がいるとされています。こうした経緯により国がB型肝炎に感染した人を救済する特別措置として給付金を受け取ることができるような制度を設けました。しかしながらB型肝炎の給付金を受け取るにも様々な手続きをしなければならず、B型肝炎に感染している人の中でも全ての人がこの制度を利用できているわけではありません。

またB型肝炎の感染経路として集団予防接種を受けていなかったとしても、集団予防接種によって感染した母親から生まれた子にはB型肝炎が遺伝している可能性があります。母子感染とも呼ばれるこうしたケースにもB型肝炎の給付金が適用されます。そのため期間内に集団予防接種を受けていなかったとしても、そこで感染した可能性のある母親から生まれているのであれば、B型肝炎に感染していることを疑った方が良いでしょう。自覚症状が出ていなかったとしてもB型肝炎給付金を受け取ることができます。またB型肝炎が原因となって重篤な症状が出てきてしまった場合には最大で3500万円もの給付金を受け取ることができますので、この制度についてよく知っておきましょう。