肝炎の症状とは

嘔吐B型肝炎を発症すると様々な健康被害が生まれます。まずは全身倦怠感や食欲不振、さらには嘔吐や黄疸などです。これらはすべて肝機能が急激に悪化することによって生じる症状です。多くの場合治療をしなくても安静にしていれば少しずつ快方に向かっていくものですが、定期的な検査を受け症状が重くなる前に適切な処置を行っておく必要があります。B型肝炎ウイルスに感染していたとしても一部の人は症状がないまま健康な状態で経過します。しかしながら多くの場合10代から30代にかけて肝炎を発症することがほとんどです。軽い肝炎であることから本人には全く自覚がないこともあります。そのため何らかの機会に検査をすることによって初めて発覚するということも少なくありません。

90%近くの人たちは肝炎が数年のうちに自然に治り、元通り健康な状態に戻ります。とはいえB型肝炎ウイルスが完治することはありませんので、常にウイルスを持っている状態ということになるのです。いつまた肝炎を発症するかわからない状態でもあり、現時点で自覚症状が現れてなくてもB型肝炎に関する給付金を受け取ることはできますので、自覚症状のあるなしで訴訟を考えるということはやめましょう。